内科船橋の韓国で試験された禁煙治療薬チャンピックス

日本では昔から嗜好品のひとつとして煙草が認められています。
煙草を吸うと独特の爽快感やスーッとした感覚が得られ、気分転換やストレス解消に有効であるとされてきました。
そのため1980年代までは、日本人の喫煙率が先進国の中でも非常に高い傾向にありました。
しかし禁煙学会やブルーリボン運動、NPO法人、医師会の働きかけによって煙草の害やその危険性が広く認知されるようになりました。
1990年代に突入すると分煙化や禁煙エリアが飛躍的に拡大されるようになりました。
煙草を吸うと肺がんや子宮がん、喘息、肺炎、脳梗塞などのリスクが高まります。
そのため何とかして禁煙したいと考える人も多くなってきました。
内科船橋では禁煙外来を実施しています。
内科船橋では健康保険適用で禁煙治療を受けることができるので、積極的に相談に行くと良いでしょう。
内科船橋ではチャンピックスなどを処方して治療することも出来ます。
チャンピックスは喫煙したい欲求を緩和してくれる効果が期待できると韓国の被験者を対象にした実験で実証されています。
チャンピックス服用時に喫煙すると、喫煙による快楽や満足感が余り感じられなくなります。
そのためチャンピックスを服用して上手く禁煙できた韓国人も実験では多々見られました。
しかし韓国人250名を対象に行われたチャンピックスの実験では、チャンピックスの副作用も確認されました。
その副作用とは頭痛や吐き気、不眠症、異常な夢、疲労感、ねむけ、上腹部不快感と様々な副作用が見られました。
こうした副作用を懸念する場合は医師と相談してニコチンパッチやニコチン注射、電子タバコを代用として治療していけないかを相談すると良いでしょう。