煙草をやめられない理由はニコチン依存

煙草を吸い始めた人は、多くが口をそろえて「美味しいものではない」と言ったり、「やめられない」と言ったりするものです。
煙草が体に対して与える害に関しては知らない人がいないほどになっているにもかかわらず、それでも禁煙ができない人がいるというのが、非喫煙者からすると不思議で仕方ないことでしょう。
これは煙草に含まれるニコチンの依存症によるものです。
人の脳にはさまざまな受容体、体の中に入ってきた成分を情報として処理する構造がありますが、これはニコチンであっても同様です。
煙草に含まれるニコチンは喫煙によって肺に入り、血中へ移行したあとで脳へ移動します。
脳へ届いたニコチンはニコチン受容体に結びつくことによって快感物質であるドーパミンを放出し、人の体は「ニコチンが体に入ると気持ちいい」というように学習するのです。
これが短期間のものであれば体はすぐに忘れることができますが、喫煙期間が長くなれば長くなるほど、人の体はニコチンが入ってきた時の快感を忘れられなくなるのです。
これがニコチン依存症のメカニズムであり、煙草をやめられなくなる最大の原因のひとつです。
体の中のニコチンが切れてしまうと脳は「ニコチンを摂取しろ」という指令を出すようになりますから、これによって強いストレスや無気力感を感じてしまうのです。
この時の不快感があるからこそ、煙草をやめる近年は非常に困難となります。
現在ではニコチンを喫煙以外によって摂取するニコチンパッチや、その意欲自体を減退させる医薬品などが出てきており、そうしたものを活用することである程度簡単に禁煙することができるようになりました。
とはいえそれでも禁煙自体が難しいことには変わりはありませんから、煙草はなるべく吸わないようにすることをお勧めします。